一般診療、二次診療、CT・MRI、手術、椎間板ヘルニア手術、脳脊髄神経科、内視鏡検査

長屋動物医療センターは、一般診療と二次診療を行う動物病院です。
複数の獣医師とスタッフが年中無休で家族の健康をお守りします。

1 一般診療(一次診療)ではホームドクターとして家族の幸せを守る精神で、やさしさのある、安心していただける、心のこもった対応をしています。ワクチンやフィラリア・ノミダニ予防薬、下痢や皮膚病など、どんなことでもお気軽にご来院ください。
2 二次診療では多くの動物病院の先生方から信頼を得、たくさんの患者さまを紹介していただいています。他病院では対応が難しい病気の診察・検査・治療・手術を行っています。かかりつけの病院のない方もお気軽にご来院ください。
3 CT・MRI・内視鏡検査は年間1,000件以上の日本有数の検査数を誇ります。
4 犬の椎間板ヘルニア手術は過去1,000件以上の手術数で、CT・MRI検査による適確な診断のもと、陽圧クリーンルーム手術室にて信頼のおける手術を行っています。その他の手術も多数行っています。
5 脳脊髄神経疾患を専門に行っています。

長屋動物医療センターは、CT・MRIの両検査が受けられるようになっています。飼主さまとの信頼関係を築き、安心して任せられる医療を目指しています。いつでも安心してお気軽にお尋ねください。


CT検査はレントゲン検査やエコー検査では分からなかった病変が明らかになる場合があります。MRI検査は骨の影響を受けないので、CTでは写せない小さな病変などもはっきりとらえることができます。特に脳(脳腫瘍、水頭症、脳炎など)や脊髄(椎間板ヘルニア、脊髄腫瘍、脊髄炎など)の早期発見に圧倒的な能力を持っています。
 

診察日・診察時間

年中無休(日曜日・祝祭日も診察)
受付時間:9:00~12:00/16:00~20:00


詳しくは、診察案内でご確認ください。
当院までのアクセスはこちら
 

検査・治療・手術依頼書

LinkIconCT・MRI検査依頼書ダウンロード
LinkIcon検査・治療・手術依頼書ダウンロード

CT検査

CT検査とは、X線を用いた画像診断で、体の周りを360度方向から照射し断面を撮影する検査です。同じX線を使うレントゲン検査よりも、病変の部位や形状等の細かい情報を得ることができるのが特徴です。

MRI検査

MRI検査とは、X線撮影やCTのようにX線を使うことなく、その代わりに磁石と電波を使い体内の状態を断面像として描写する検査です。特に脳や脊髄疾患の早期発見、予防に圧倒的な能力を持っています。

手術実績

犬の椎間板ヘルニア手術などの脳脊髄神経外科や軟部外科、腫瘍摘出、消化器外科など、開業以来の手術実績は数多くあり、安心で信頼できる病院です。

長屋動物医療センターでは、検査・診断・治療・手術のアドバイスおよび協力を以下の先生方にお願いしております。
藤田保健衛生大学医学部脳神経外科 長谷川光広教授
戸田動物病院 院長 戸田州信先生
大阪府立大学特任講師 獣医CT・MRI研究会会長 嶋崎等先生
岐阜大学動物病院神経科 神志那弘明准教授
その他大学の先生方


 
長屋動物医療センターでは、飼主さまに動物の病気を充分に理解してもらい、そのうえで飼主さまが納得のいく治療法を選択します。すべてにやさしさを心がけ、明るいスタッフが親切・丁寧にお迎えします。お困りのことがあれば、何でもお気軽にご相談ください。
 
052-802-1200 (初診の方もお気軽にお電話ください)
 

他病院からご来院の方へ

CT・MRI撮影のご依頼は、かかりつけの先生の紹介が必要です。ご相談されたい方は電話にて対応させて頂きます。
 

検査・治療・手術依頼書

LinkIconCT・MRI検査依頼書ダウンロード
LinkIcon検査・治療・手術依頼書ダウンロード
 

本のご紹介

頼りになる犬・猫の先生351人
著者:樋口 雅仁、安田 和彦
長屋動物医療センターも紹介されています。
 
 
長屋動物医療センター
愛知県名古屋市天白区大根町6-1
TEL:052-802-1200 FAX:052-806-0550
駐車場20台あり