一般診療、二次診療、CT・MRI、手術、椎間板ヘルニア手術、脳脊髄神経科、内視鏡検査

Cerebrospinal

脳脊髄神経科

 

長屋動物医療センターは脳脊髄神経疾患を専門として、外科・内科ともに長年対応させていただいています。多くの動物病院の先生方から信頼を得、たくさんの患者さまをご紹介いただき、検査・治療・手術を数多く行っています。

読影および治療のアドバイスおよび協力を以下の先生方にお願いしております。
藤田保健衛生大学医学部脳神経外科 長谷川光広教授
戸田動物病院 院長 戸田州信先生
大阪府立大学特任講師 獣医CT・MRI研究会会長 嶋崎等先生
その他大学の先生方

 

検査ご希望の方は、予約が必要となります。かかりつけの病院がある場合は、かかりつけの先生の紹介が必要です。
検査・治療・手術依頼書
LinkIconCT・MRI検査依頼書ダウンロード
LinkIcon検査・治療・手術依頼書ダウンロード

犬の椎間板ヘルニア手術は1,000件以上の実績があります。

椎間板ヘルニアの起こりやすい犬種
ダックスフンド、ウェルシュ・コーギー、トイ・プードル、フレンチブルドッグ、ペキニーズなど

 
足が麻痺する、首を痛がる、抱くとどこか痛がる、足を引きずる、ふらつきなどの症状が出た場合はできる限り早くご相談ください。
 

 

椎間板ヘルニア以外にも、神経学的検査、血液検査、CT検査、MRI検査結果に基づき、多数の脳脊髄神経疾患の診断および治療を行っています。

脳脊髄神経外科疾患
椎間板ヘルニア(胸腰部・頚部)、環軸椎亜脱臼、脳腫瘍、脊髄腫瘍、水頭症、頭部外傷による骨折・血腫など

 

脳脊髄神経内科疾患
脳炎・脊髄炎(感染性・非感染性)、特発性てんかん、老齢性特発性前庭障害など

 
てんかん発作、旋回運動、行動異常、斜頚、眼振、ふらつきなどの症状が出た場合は早めにご相談ください。